結婚の常識について

結婚に関する基本を知ろう

結婚に際し必要なお金は?

結婚にはお金がかかると言われています。もちろん、式を挙げ披露宴を開くのにはお金がかかりますが、実はそれ以外にも費用がかかってくるものです。まず新居を決めればその契約金が数か月分の敷金と共に必要になってきます。そして引越し代、新しく買い揃える家具や寝具の費用も馬鹿になりません。保険に加入している、または検討している人は、家族が増えてライフスタイルも変わりますから、プランの見直しが必要となるでしょう。保険はずっと払っていくものですし、もしも結婚と同時に新居を購入したとすると、ローンの支払いも重なってきます。このように式以外の出費のことも忘れずに念頭において計画していきたいですね。

結婚するとかかってくるお金は?

結婚するとなるとまず資金が必要になってきます。それではどんなことにお金が必要になってくるのでしょうか。入籍して紙切れ一枚で済ませる方もおられますが、それでも改めて二人で生活していくとなると、引っ越しや新居や家具類などの諸費用がかかってきます。もし結納を交わすとなれば結納金や婚約指輪、会席の場所などを用意しなければなりません。結納金は親御さんが用意することが多いでしょうが、その結納返しの品物で自分たちの生活で使うものを選ぶのもいいでしょう。もし結婚式をやるのであればそれにもかかりますし、披露宴ならば規模によっては4,500万ぐらいかかってきます。親御さんに頼れる方でも金額が多いので、あまり甘え過ぎずに自分たちでの蓄えは必要です。

↑PAGE TOP